webデザイナーを目指す

男の人

webデザイナーの仕事

webデザイナーとは、一般的にホームページを作成する人のことを言います。仕事を持ってきて顧客とのやり取りをする人のことや、作業の進行を見守るディレクターやプロデューサーをwebデザイナーと呼ぶこともありますが、多くの人はサイトをデザインをする人のことを思い浮かべます。webデザイナーになるには、まず、顧客の意図を汲んでサイトのデザインやレイアウトを作成できる能力が必要です。それには柔軟な想像力や、応用できる知識も大切になってきます。レイアウトには、大まかにサイトのボリュームや、そのイメージに合ったビジュアルを考えなくてはなりません。その他にも見やすさや使いやすさなどの実用的な面も重視します。次に、文章の作成です。webデザイナーになるには、サイトの内容に伴ったデザインに対してそれに合った文章を考えることも必要になってきます。全てをデザイナーが考えることもあれば、顧客側が用意したものに修正を加えることもあります。そして、それらをHTML化するプログラミングの仕事です。webデザイナーになるには、プログラマーの仕事を覚えていても損はないでしょう。簡単なものはデザイナーだけでもできますが、複雑なものになるとプログラムの知識が必要になってきます。工程によってデザインとライティング、プログラムと大きく三つに分かれる仕事ですが、webデザイナーになるには、デザインだけに特化した能力を持っていても成り立つことが少ないのが現状であり、複数の作業ができることで会社からも重宝される場合も多いです。

Copyright© 2018 webスクールで事務スキルをアップ【基礎やあり方を学べる】 All Rights Reserved.